ドクター・衛生士のお悩みQ&A TOOTH PROBLEMS Q&A

歯の健康

入れ歯は作った方がいいのでしょうか?

結論からお伝えすると・・・

作った方が良い場合がほとんどです。

高齢者の方においては、何本も抜けたままで放置している、入れ歯を作ったけど使わずにいるという方も多くいらっしゃいます。
残っている歯で、今は食事ができていても抜けた歯にかかっていた負担が残った歯にかかることになるので、歯周病などが進行し、抜かなくてはいけなくなることも多く見られます。
「食べれているからいい。」とおっしゃる方もおられますが、入れ歯の役割は、食べることだけではありません。

・抜けた両隣の歯が無い方向に傾いてくるのを防ぐ
・抜けた歯の嚙み合う歯が噛み合う相手がいないため伸びてくるのを防ぐ
・あごの高さを保つ
・飲み込みの圧力を高める
・噛む筋肉を保つ
・嚙むことで脳への刺激を与える(認知症の予防)
・顔の形の変形を防ぐ
・歩行を安定させる
・発音を助ける

など、口腔内だけでなく身体の健康にも多くの効果を与えるのです。
入れ歯は、作った後も調整が何度か必要です。少しお時間のかかることですが、皆様お一人お一人の身体に合った入れ歯作りのお手伝いをさせていただければと思います。

ACCESS

〒521-0004 滋賀県米原市磯1729-1(駐車場20台)
TEL: 0749-52-3000 / FAX: 0749−52−1126

【診療日】月・火・木・金・土 【診療時間】午前9:00~12:00、午後14:00~18:00(平日)/午前9:00~12:00、午後14:00~16:00(土曜)